So-net無料ブログ作成
検索選択
高校野球 ブログトップ
前の10件 | -

【2015夏甲子園準決勝】仙台育英vs早稲田実業 清宮3試合連続ホームランなるか?【オコエは?】 [高校野球]


夏の甲子園大会もいよいよ大詰め、本日準決勝2試合が行われそれぞれの勝者が夢の決勝の舞台へと駒を進めます。
準決勝第一試合は仙台育英(宮城)対 早稲田実業(西東京) 
第二試合は東海大相模(神奈川)対 関東第一(東東京)

甲子園 003.jpg
出典:http://battakousien.ti-da.net/

―――――みどころ―――――
【第一試合】仙台育英 対 早稲田実業
早稲田実業は何といっても清宮幸太郎内野手の2試合連続ホームランの活躍が光っていますが、準々決勝の対九州国際大付属戦では6番富田選手の2打席連続ホームランも出ていますし、守備面では松本投手を中心に安定してきているように思えます。

対する仙台育英は強力打線や佐藤(世)選手が注目される中、3番平沢選手のホームラン等で接線も制して勝ち上がってきています。

両校共に攻撃面、守備面でも甲子園に慣れてきて安定感を増してきていますので両投手陣の疲労感等に左右されるゲーム展開となりそうな気配です。

何といっても注目なのが、やはり早実・清宮幸太郎内野手の3試合連続ホームランに期待してしまいます。




【第二試合】東海大相模 対 関東第一
この試合で注目されるのは、やはり関東第一のオコエ瑠偉外野手
先日の準々決勝でセンターへの打球をダイビングキャッチを試みるも、雨の影響等もありエラーになってしまったのを、自身のバットでホームランを放ち雄たけびをあげたのが印象的でした。
今回の東海大相模戦でも2戦連続ホームランも期待されてますし、自慢の脚を生かしたプレーにも注目です!

対する東海大相模は打線も投手、守備陣も高レベルでバランスが良い印象のチームに仕上がっています。
準々決勝では花咲徳栄を9回裏に3番杉崎選手のサヨナラヒットで接戦をものにして勝ち上がって来ている粘り強いチームなので、僅差のゲーム展開になると面白くなってきそうです。




2015年夏の甲子園大会準決勝、いよいよプレイボールです!
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

早実・清宮幸太郎 2試合連続ホームラン!!【2015夏甲子園】九州国際大付属戦 [高校野球]

2015年夏の甲子園大会準々決勝、対九州国際大付属戦にて
早稲田実業のスーパー1年生清宮幸太郎内野手が2試合連続の本塁打を放ち
ベスト4に一番乗り!!

清宮幸太郎 010.jpg
出典:東スポ

第97回全国高校野球選手権大会第10日目、東海大甲府戦で甲子園初ホームランを放ち更に注目を浴び、興奮冷めやらない中早くも2号ホームランを放ちました!!




ベスト4を決める重要な一戦、阪神甲子園球場は早朝6時前からチケットを求める列でごった返していたようです。
対戦相手は九州国際大付属:右腕の野木投手
第一打席は2死 走者なしの場面でピッチャーゴロ。
この際、左手の親指近くを傷めた様子でしたが問題なさそうで・・・
続く第二打席、先頭打者で回ってきた清宮は初球のスライダーをライトスタンドに一直線で飛び込む2試合連続の甲子園2号ホームラン!!第三打席はピッチャーが代わり左腕の富山投手
5回1死 走者なし サードゴロになるも、送球が逸れるエラーで出塁。
第四打席は7回ノーアウト一塁の場面で、あわやホームランかと思わせる左中間フェンス上部直撃のツーベースヒット!!
第五打席は8回2死 二塁のチャンスで回ってきましたが2塁ランナーが牽制球でさされ3アウト。

試合は1-8と清宮の活躍もあり快勝しました!!
甲子園で1年生選手が2本塁打を放つのは、83年のPL学園桑田真澄(元巨人のエース)選手以来の快挙のようで、続く仙台育英(宮城)戦で3戦連続となると・・・
清宮幸太郎内野手ならやってくれそうな気がします!




また、今大会では同じ東京から関東第一(東東京)もオコエ瑠偉外野手のホームラン等もあり、ベスト4へ駒を進めていますので、決勝では是非東西東京対決になると面白そうだなぁ?と、思っております。

その前にまずは19日準決勝の仙台育英(宮城)戦に勝って決勝進出を決めて欲しいです!

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

早実vs東海大甲府戦 早稲田実業清宮幸太郎、甲子園第一号ホームラン!! [高校野球]


第97回全国高校野球選手権大会第10日(2015年8月15日)

東海大甲府vs早稲田実業
清宮幸太郎内野手、遂に出ました甲子園第一号ホームラン!!




清宮幸太郎 009.jpg
出典:www.youtube.com

早実(西東京)は3回戦で東海大甲府(山梨)と当たり、8-4清宮の歴史に残るホームランも出て快勝した!
8強入りはあの田中将大擁する駒大苫小牧を破り優勝した2006年以来9年ぶりの事だ。

この日の清宮内野手は違った・・・
三回右中間スタンドへ甲子園第一号ホームランを放つと、それだけでは終わらず六回には走者一掃の3点二塁打を放つ等、3安打5打点と大暴れ!!
大会通算打点も7と伸ばし、甲子園1年生の記録として比較されている清原和博や、中田翔の5打点を超えてみせた。




この日も朝早くから満員の4万5千人もの人が阪神甲子園球場に詰め掛けていた。
1-1、同点の三回ノーアウト一塁。相手は2年生エースの菊地投手。
カウント1-2から甘く入ったチェンジアップだった。
「絶対に来ると思った。菊地さんは今までの試合でも打ち取る時に投げていたので、握りも多分そうかと」その大勢の観客が見守る中、清宮幸太郎は甲子園に綺麗なアーチを掛けてみせたのだ。
やはり大物は違う、何よりも打って当然と言わんばかりの風格。
「今まで感じたことがないすごい歓声でした。打った瞬間は全然聞こえなかった。『入った』と思ったら『ウワァー』と聞こえてきた。空白のあとに凄い歓声で、映画みたいでした、やっと一本出た。」
3年前の2012年世界選手権で5試合3ホーマーを打った時よりも、この日の一瞬にはかなわないくらいの感激だったようだ。
「人生の中でかけがえのない特別なものになりました。」

その後も2点差に迫られた六回ツーアウト満塁でも、ライト線へ走者一掃のツーベースヒット!!
勝負強いのなんのって・・・頼もしい限りです!

清宮幸太郎、夏の甲子園の歴史はまだまだ続き、次戦早稲田実業は17日の準々決勝第一試合で九州国際大付属福岡)と対戦することになる。

未来の日本の大打者へ向け、また新しいページに歴史を刻んでいって欲しいです!!

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

早実・清宮幸太郎 2015夏の甲子園2回戦突破へ広島新庄戦【速報】 [高校野球]

真夏の甲子園も13日目を向かえどんどん熱くなってまいりました!!
注目は何と言っても第一試合 広島新庄(広島)-早稲田実業(西東京




甲子園 002.jpg
出典:www.jalan.net

この試合の肝となってくるのが、清宮幸太郎擁する早実打線が広島新庄の2年生変則左腕・堀投手をどう攻略するかですね。
初戦の霞ヶ浦(茨城)戦では八回に脚が痙攣しながらも、主に140kmのストレートを軸にして2失点完投をした堀瑞輝投手。
サイドからインステップしながら投げる彼の投法は、身体に掛かる負担が大きいものの打者にとっては内角に早いボール、外角に緩めの変化球と上手くコントロールされると中々捉えずらいピッチャーだと思います。




清宮、加藤両選手を軸に早い段階でこの堀投手を攻略できれば、早実の勝利も目前かと。

清宮内野手も「左だからとかはない、厳しい試合になると思うけど、どんな状況でも自分のスウィングを崩さずにとらえていきたい」と、特に苦手意識を持っている様子はないようでした。

注目のこの試合は2015年8月13日午前8時開始予定!!
是非甲子園2戦目も勝ち抜いて欲しいです!

【速報】早稲田実業対今治西 【甲子園】2015夏 8月8日 3日目第一試合 [高校野球]

 【随時更新中】
第97回全国高校野球選手権大会3日目第一試合
早稲田実業今治西プレイボール!




先攻:今治西高校  先発・藤原
後攻:早稲田実業  先発・松本

―――――試合状況―――――
1回表 今治西 三者凡退
1回裏 1番山田 先頭打者タイムリー
     2番玉川 送りバント成功
     3番清宮 ファーストフライ
     4番加藤 死球  走者一、二塁
     5番金子 走者一掃のタイムリースリーベースで早実先制!!  0-2
     6番富田 ファーストゴロの当たりを捕球ミス その間に1点追加 0-3
     7番田口 センターフライ  3アウト
2回表 秋川が二塁打を打つも無得点
2回裏 早実 三者凡退
2回を終わって0-3 早実がリード!!
3回表 杉内、中内の連続ヒットが出るも、要所を締めて3アウト
3回裏 玉川 レフトフライ
     清宮 死球
     加藤 死球
     金子 四球
     一死満塁とするも、富田、田口が倒れて3アウト
4回表 山内がヒットを打つも残塁で3アウトチェンジ
4回裏 先頭打者松本、サードゴロ
     渡辺 ライト前ヒット
     山田 ライト前ヒット 一、三塁のチャンス
     玉川 ファールフライ
     清宮 センターフライ  3アウト
5回表 杉野 ショートゴロ
     吉原 セカンドゴロ
     杉内 2ベースヒット 二打席連続ヒット
     中内 バットを短く持ちフルカウントまで粘り四球  2死一、二塁
     高尾 2年生ながら3番を任されているもファーストへのファウルフライ 3アウト
5回裏 加藤 内野ゴロ
     金子 ライトフライ
     富田 三振でスリーアウト
6回表 藤原 ショートフライ
     山内 センター前ヒット 1死一塁
     秋川 レフトへ連続ヒットで1死一、二塁
     安藤 ゲッツーで3アウトチェンジ
6回裏 田口 レフトフライ
     松本 センターフライ
     渡辺 空振り三振で3アウト
7回表 杉野 ショート金子のファインプレーでアウト
  代打:三瀬 三振
     杉内 セカンドゴロでチェンジ
8回裏 山田 ピッチャーゴロ
     玉川 左中間への二塁打
     再びチャンスで清宮 ライトへ抜けるタイムリーヒット!  0-4
     続く加藤もライト前に連続ヒット!! ランナー 一、三塁
     金子 ライトフライ
     富田 ライトラインギリギリを抜けるタイムリーツーベース  0-6
     田口 ライト前へ落ちそうな打球をセカンドがナイスプレーで3アウト
8回表 中内 センターフライ
     高尾 サードゴロ
     藤原 いい当たりもライトフライ
8回裏 松本投手に代えて代打:和田  ライトフライ
     渡辺 ピッチャーゴロ
     山田 ライト前ヒット 今日3安打!!
     玉川 1塁山田、盗塁成功  四球    2死一、二塁
     三度チャンスで清宮!  セカンドゴロ   3アウトチェンジ
     この回を0で抑えれば初戦今治西に完封勝利だ!!
9回表 山内 レフトフライ
     秋川 センターフライ  2アウト、後一人!!
 代打:安藤 兄→弟への代打  セカンドゴロ   0-6 ゲームセット!!  




【甲子園2015夏】早稲田実業vs今治西 【速報】清宮幸太郎は?【8月8日】 [高校野球]

2015年夏の甲子園、第97回全国高校野球選手権大会
各地方大会を勝ち抜いた49校が全国の頂点を目指して戦います!
6日に開幕して早くも3日目、第一試合ついに清宮幸太郎擁する早稲田実業が出てきます!
初戦の対戦相手は愛媛代表今治西、2015年8月8日午前8時プレイボール予定!!




速報はこちらから⇒http://kiyomiya-koutarou.blog.so-net.ne.jp/2015-08-08-1
甲子園 001.jpg
出典:http://www.yonkou-bus.co.jp/?p=625

今年も暑い夏が訪れ、熱中症患者も多数出るような気候の中・・・いよいよやってきました、清宮幸太郎選手の甲子園デビュー戦

1年生ながらプロが注目するスラッガーの清宮幸太郎選手、甲子園でどのような勇士をみせてくれるのでしょうか?大注目の一戦です!!

対する初戦の相手は愛媛代表今治西!!

先日今治西の大野康哉監督(43)は「敬遠は考えていない」「逃げないこと」と語っており、早実の強打者、清宮、加藤に対しても真っ向勝負を挑んでくるようだ。
前回出場した2012年は現楽天イーグルス所属の松井裕樹擁する桐光学園に1試合最多の22奪三振を喫している。
前回の経験からも「松井君とやってるから、ちょっとやそっとじゃね」と、語っている。

清宮も甲子園見学で初めてグラウンドに立ち、打席や守備位置であるファーストで感覚を味わったようだ。
「今まで経験したグラウンドの中で別格、暴れてやるぞ!という気持ちが増した」と、気合十分のようだ。
初めての甲子園では他の選手がゴロの捕球等を想定している中、一人ファールフライをフェンス際の記者席ギリギリまでとりに行くイメージをしていたようだ。
打席に立っても「ヒットやホームランを打つ姿がイメージできた。」と、頼もしい一言。

早実、清宮を応援する人達にとっては少し分の悪いデータがある・・・。
実は甲子園で東京代表対愛媛代表の試合は第一回センバツで早実が準優勝した1924年以来一度も勝っていないのである。
春夏通算でも2勝9敗と負け越しており、今治西相手には4戦して一度も勝利していない。
相性としては最悪であるが、そんなことは関係ない!
むしろ、そうであるからこそ今回は是非勝って欲しい!?





ちなみに今治西高校は愛媛大会で第一シード枠から順当に勝ち上がってそのまま優勝してきている。
甲子園でもよく聞く名前で、知っている方も多いでしょう。
今回の今治西のイメージは部員48名と少ないながら選手層が厚い投手陣を筆頭に堅守である。
先取点を奪えばそのまま逃げ切る事のできるチームなので、何としても先に点を奪いたい。

絶対的エースが居るチームではないが、右腕4人のが継投し調子の良い投手を使ってくる。
愛媛大会では1試合平均失点が1.2点と、守備が非常に安定している。。

この堅い今治西の守りを早実の攻撃陣がどう攻略していくか見ものです!!

頑張れ早実、頑張れ清宮!!甲子園初ホームランだ!!

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

2015【夏の甲子園】リトル世界大会二冠王'鈴木嘉基'|清宮のライバル? [高校野球]


2015年夏の全国高校野球選手権大会がいよいよ開幕!!
やはり注目は早稲田実業のスーパー1年生、清宮幸太郎内野手ですが
その清宮のライバル、1年先輩にあたる鈴木嘉基内野手に注目です!

鈴木嘉基 001.jpg
出典:高校野球ドットコム

鈴木嘉基内野手は今大会静岡県代表静岡の2年生として第2日目第4試合に出場予定。
レギュラーではないものの、一発のある長打力に定評があり、清宮と同じくリトル時代から
有名な選手でして・・・
浜松南リトル時代、当時アメリカ、ペンシルバニアで行われた第65回リトルリーグ世界選手権では
日本代表のメンバーとして出場し、惜しくも決勝でアメリカ代表に敗れ世界一は逃したものの
鈴木選手は3本塁打で本塁打王、打点10をマークし打点王と2冠に輝いている
チームとしての優勝こそ逃したものの、日本代表を準優勝に導いた実績は素晴らしいです。





鈴木嘉基選手のコメント
「世界大会だったので観客もすごく多かった。だから、あの後はどの大会に出ても緊張するということはなくなりましたね。甲子園は大勢の人がスタンドに集まると思いますが、試合に出ても緊張とかはないと思います。」やはり世界の大舞台を経験している選手はコメントも違いますね。
全く臆することなく、緊張もしないと断言するあたり将来大物になる可能性も十分かと。

そんな鈴木嘉基内野手も"リトルの怪物"と呼ばれていた時期もあり、今大会後輩の"リトルの怪物"清宮幸太郎内野手はどう思っているのでしょうか?
鈴木選手曰く
「向こう(清宮幸太郎内野手)は覚えていないかもしれないですが、リトル時代に何度か対戦しているんです。彼は小さい頃から『片手一本でバッティングする、すごい選手がいる』と有名で、当時から身体がデカくてすごかったです。」と、当時の清宮幸太郎内野手について語っています。」

静岡ナインのチームメイトは、今早稲田実業のスーパー1年生の清宮幸太郎に脚光を浴びてる中、同じ"元リトルの怪物"で年齢的にも、学年も1つ先輩の鈴木嘉基が同じチームに居ることを誇りに想い、清宮の話題メディアで取り上げられる度に「ウチにだって、リトル世界大会で二冠王に輝いたヤツがいるんだぞ!」と、鈴木嘉基内野手の名前を出して士気を上げているようです。

そんな鈴木嘉基内野手擁する静岡と清宮幸太郎擁する早稲田実業の対戦は、早実、静岡両校が互いに勝ち進めば、2回戦以降で当たるかもしれません!!




静岡はまずは初戦の東海大甲府(山梨)を倒して、是非"元リトルの怪物"対決を実現させて欲しいと思っています。
最後に鈴木選手の初戦へ向けての意気込みを
「いつでも試合に出られるようにしっかり準備します!」
今大会でスーパーサブからレギュラー奪取へ向けて、しっかり準備をして結果を残してもらえると嬉しいです!
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

【結果】早稲田実業‐東海大菅生 清宮のヒットもあり8-6早実勝利【速報】【甲子園進出】 [高校野球]

夏の甲子園を賭けて第97回全国高校野球選手権西東京大会決勝!!
早稲田実業東海大菅生
早稲田実業終盤8回、一挙8得点の大量得点 8-6 の大逆転で甲子園進出を決めました!
尚、早稲田実業は5年ぶり、29回目の甲子園出場。100年目の節目の大会への切符を掴んだ。




試合が動いたのは3回裏、2番落合の先制タイムリーから
続く3番江藤がライトスタンドへ3ランホームラン
6回裏に更に追加点

そして8回、1番山田からの好打順で連続ヒットから早実の大逆襲が始まる。
5番、6番と更に連続ヒット、更に更に一巡して3番清宮幸太郎のライト前ヒット等で一挙8得点!

最終回に1点を返されるも8-6と見事な逆転勝利!!
途中チームの円陣にも加わった和泉監督も感無量で感情のこもったインタビューを受けてたのが印象的でした。
加藤主将も「最後まで諦めない」、それが勝因。深いですね・・・

早稲田実業の皆さん、おめでとうございます!!!
甲子園でも是非、最高の活躍を期待します

【速報】清宮幸太郎 早稲田実業対東海大菅生 【決勝】2015年7月26日西東京大会 [高校野球]

【随時更新中】
夏の甲子園を賭けた、第97回全国高校野球選手権大会西東京決勝戦
早稲田実業東海大菅生 いよいよプレイボール!!



【決勝戦の結果はこちら】⇒http://kiyomiya-koutarou.blog.so-net.ne.jp/2015-07-26-2
清宮幸太郎 008.jpg
出典:column.sp.baseball.findfriends.jp

決勝ということもあり、明治神宮球場にはテレビ各局の取材陣に加え通常は見かけない女子アナも取材に参加しているようです。

注目はやはり怪物1年生・清宮幸太郎内野手。
今日の試合に向けても「自分の野球のきっかけも甲子園にある。そこに戻って存分に楽しくプレーがしたい」と語っている。
先攻:早実  先発・松本皓
後攻:菅生  先発・勝俣翔貴
清宮は「3番ファースト」で先発出場。今大会16打数9安打9打点、打率・563、6四死球、2三振
―――――試合状況―――――
1回表 早実、1番山田、3番清宮が共に良いあたりをするも三者凡退
1回裏 菅生、2番落合、3番江藤のヒットで1死一、三塁のピンチを招くも4番勝俣を併殺打で打取る
1回を終わって 0-0
2回表 4番加藤の強烈な当たりもファーストの好守でアウト、6番富田が出塁するも無得点
2回裏 三者凡退
2回を終わって 0-0 
3回表 9番渡辺がヒットで出塁するも牽制球でさされてアウト、3番清宮まで回るが三盗失敗で無得点
3回裏 2番先制タイムリー 3番3ランホームラン
3回を終わって 0-4東海大菅生がリード
4回を終わって 0-4
6回表 清宮、加藤が出塁し、2死一、三塁とするも得点ならず
6回裏 本橋、8番斎藤のヒットで追加点 0-5
早大はピッチャー上條に交代
7回を終わって 0-5
8回表 1番山田からの好打順 1番山田、2番と連続ヒットで3番清宮も内野ゴロ、4番加藤がストレートの死球で歩いて1死満塁で5番金子が左中間へヒット!  1-5 
ここから早実の反撃だ!!
続く6番も連続ヒットで  2-5
尚も1死満塁
続く7番 内野ゴロの間に1点追加して 3-5
更にピッチャー上條に代え、代打成功で 4-5
9番 四球を選び2死満塁、1順して1番山田がストレートの四球で 押し出し 5-5
ここでエース勝俣に代え右腕羽生投手
尚も2死満塁
羽生投手もストレートの四球で押し出し 6-5
続く清宮がライト前ヒットで更に追加点 7-5
4番加藤も四球で歩き 8-5
東海大菅生は更にピッチャーを船木に代え、5番金子をライトフライに打ち取り3者残塁
8回一挙8得点で一気に8-5と大逆転!!
対する早大はピッチャーを1年服部に交代。
8回を終えて 8-5
9回表 ここでエース勝俣をマウンドに戻し0点に抑える

さぁ9回裏、ここを抑えて甲子園だぁ!!!

―――――清宮幸太郎―――――
【第一打席】
1回2死走者なし ワンストライクワンボールからスライダーを打ち【一塁ライナー】
【第二打席】
4回先頭打者 ワンバウンドするボールを振り【空振り三振】
【第三打席】
6回2死走者なし フルカウントから高めのカーブを見送り【四球】
【第四打席】
8回ノーアウト 一、二塁のチャンスも【内野ゴロ】併殺打は免れた
【第五打席】
8回2死満塁 代わった羽生投手から【ライト前ヒット】で追加点!

【速報】清宮・早実 西東京大会決勝 相手は東海大菅生!【2015夏】 [高校野球]

第97回全国高校野球選手権西東京大会決勝!! 清宮幸太郎擁する早稲田実業vsエース勝俣翔貴擁する東海大菅生

2015年夏の甲子園をめざす早稲田実業、遂に残すところ決勝戦だけとなりました。




【決勝戦の速報はこちら】⇒http://kiyomiya-koutarou.blog.so-net.ne.jp/2015-07-26-1
神宮球場 002.jpg
出典:kuropoo.cocolog-nifty.com

―――決勝戦の相手、東海大菅生とは?―――
まず注目すべきは3年生エース右腕の勝俣翔貴投手
日本ハムファイターズの大谷翔平のように、二刀流でここまで東海大菅生を牽引してきたエースは
準決勝、対国学院久我山戦では8回1死一、三塁から登板し、このピンチをしのぎ9回も抑え
2年連続の決勝進出に大きく貢献している。
140kmを超えるストレートがあり勢いで投げるイメージがあるが、その分制球力を欠く傾向がある。

チーム全体として準々決勝で国士舘と11-10で競り勝つというようなゲームを制して
決勝まできているということもあり、粘り強さ勝負強さを持ち、勢いもついている。
ちなみに昨年の夏、早稲田実業は東海大菅生に5回戦で3-6で敗戦している。

―――順当に行けば早稲田実業が勝つ!―――
準決勝で春の王者、日大三高を下しているだけに早実としても負けられない。
いや、勝って当然と思われている。
日大三戦の松本皓投手のピッチングが見事だっただけに、決勝の舞台でも同じような
パフォーマンスが発揮出来るかもキーポイントですね。
決勝という事もあり各選手のメンタル、フィジカルの両面が気になるところです。
乱打戦になった場合、やはり清宮幸太郎内野手の活躍に期待せずにはいられません!4番の加藤主将にも期待です!

―――両校選手、監督のコメント―――
清宮幸太郎内野手
昨夏負けているため「先輩の分をリベンジできるのは大きい」と気合が入っているようです。

勝俣翔貴投手(東海大菅生)
「注目の相手と戦うのは気持ちが高ぶって力に変えられる」と闘志満々の様子。
「春の大会が終わってから、投球練習では3番・清宮、4番・加藤を想定してきました。 内に速い球、外にボールになる変化球を投げるとか。舞台?もちろん決勝です」と、
既に早実への対応は万全のようだ。

若林監督(東海大菅生)
「楽しみですね。西東京の雄を相手にどれだけ出来るか」




両校ともに厳しい試合を勝ち抜いてきているだけに、悔いの残らないよう全力で
ぶつかって欲しいと思います。

そして、はやり最後は清宮幸太郎内野手が活躍して早稲田実業が勝利してくれる事を
願っています(笑)

決勝の模様は2015年7月26日(日)午前10時58分~ 東京MX、NHK・Eテレ東京などで放送予定
前の10件 | - 高校野球 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。